お間抜けなはなしと、ギリギリするはなし

f0153078_9502261.jpg

お間抜けなはなしというのは、この胡椒挽きの瓶、なんだかちっとも挽けないな、
と思いつつ2〜3ヶ月経って、やっと、時計回りと反対の方向に回せばカリカリと
胡椒が挽けることを発見。 なんでそんなことに2〜3ヶ月も気がつかなかったのか。
お間抜けの極みであります。

ギリギリするはなしは、この牛乳であります。 
この開け方!  うちのテイシュ、生後50数年たってもまだ、牛乳パックの開け方を習得出来ません。 いったいどういうことや。
[PR]
by toti-3 | 2008-05-11 09:58


<< 海苔吸い 新作昼ご飯〜肉うどん >>